YouTubeあれこれ

YouTubeの映像をもとに勝手気ままに語っています。最近は中国ドラマにドハマり中♪

the shes gone 「想いあい」は、indigo la Endの「想いきり」の女性バージョン?

マカロニえんぴつの「ブルーベリー・ナイツ」をヘビロテしていると、関連動画に”別れ歌”ばかりが上がってくるのがツラい。。(涙)でも、そんななか、またひとつ、耳に残る曲を発見!


the shes gone「想いあい 」Music Video

the shes gone の「想いあい」。(シーズゴーン、通称:シズゴ…ってtheは読まないのかな??)かなり前の曲っぽいのだけど、なんていうか、サビの「もう行かないでよね、耐えられないの」っていうフレーズが、その…なんとも、イタくて苦しい。

 

でもこの世界観、なんだか既視感あるなあ~と脳内検索したら、すぐさま、indigo la End「想いきり」がヒットした!…この2曲、タイトルも雰囲気もかなり似てないか!?すんごく似てるよね!?

 

シズゴのメンバーさんは、back numberさんリスペクト、みたいな記事を目にしたんだけど、いやいや、、どっちかというと、私はモロ、indigo la Endリスペクトなんじゃね??ってどーしても思ってしまう。しかも、ボーカルの兼丸さん、なんとなく川谷絵音さんと外観も似てるしさ(あ、あと、藤ヶ谷太輔さんにも似てる!川谷さんと、藤ヶ谷さんを足して2で割った感じ)

 

ボーカルスタイルも、あんまり感情的には歌わないんだけど、すんごく感傷的ではあるところとかも、ちょっと川谷さんっぽい気がする。いい塩梅で、淡々と物憂げに歌うんだよな~。個人的には「ーあなたと夢見た先で」「ーあぁ、今日も月が綺麗だ」がツボ。なんであんなに素敵な余韻が残せるんだろう。もうそのワンフレーズだけで、泣きそうになるよ。

 

しかし、このシズゴといい、indigo la Endaiko柴田淳、といった人たちって(私から見ると同じカテゴリー)、よくもまあ、あんなに恋愛の歌ばかり作って歌えるよなあ。。といつも思う。こんなシンドイ曲ばっか歌ってたら、自身も行き詰ったりしないのかな?いや、もちろんハッピーな曲も歌っているとは思うんだけどさ。

 

私はつらいよ~~~。なんか中毒性があってついつい聴いちゃうんだけど、でも、ずっとは聴いていられない。こっちもメンタルが「耐えられないの」。

 

この「想いあい」はシーズゴーンではなく、ヒーズゴーン(he is gone)の歌だと思うんだけど(ラストで韻を踏んで畳みかけるのが、これまた、ツラい)、「ブルーベリーナイツ」の女の子同様、この曲のなかのヒロインも、早く未練や執着を断ち切れるといいね。。。

↑「想いあい」は、このアルバムに収録されているらしい。 

他の音楽に関する記事はこちら!

↑このプランでシズゴの曲も聴けるらしい!