YouTubeあれこれ

YouTubeの映像をもとに勝手気ままに語っています。最近は中国ドラマにドハマり中♪

くるりLive at Nakano Sunplaza 2018 ”今”のくるりが織りなす牧歌的世界観

ーごめん。最近すごい勢いでいろーんなライブ配信を漁ってきたんだけどさ、どれもこれもとってもとっても良かったんだけどさ…なんか、ついに大本命が来ちゃったよ~~!!!やっぱ、くるり、別格だわ。なんなんだ、この、抜群の重厚感と安定感は!!くるり - Live at Nakano Sunplaza 2018 

※動画は配信終了後、削除された模様。

 

岸田さんとはほぼほぼ同い歳。だから余計に来るものがあるのかもしれない。いやあ~~お互い歳食っちゃったよね、って、別に知り合いでもなんでもないんだけどさ(苦笑)ちょっぴりくたびれた感(それもまた悪くはないんだけど)を見出してしまうと、なんか勝手に同級生やんな~ってしみじみとしてしまう。

 

私はくるりの変幻自在な感じがすごーく好きだ。聴く時期によって扱ってる音楽がまるで違うので本当におもしろいし、飽きない。

 

このライブの時期は、情緒的な音楽を奏でてるみたいだけど、個人的には初期の「青い空」や、デジタルな時期の「ワールズエンド・スーパーノヴァ」が好み。


くるり - ワールズエンド・スーパーノヴァ

 

だけどこんな落ち着いた、ほっこりしたラインナップも悪くないかな~って思わせてくれるのが、まさに、くるりだ。なんていうか、変化の激しいバンドなんだけど、絶対に期待は裏切らないでいてくれる。どんなテイストであれ、必ず満足させてくれるんだよう~~!(この圧倒的信頼感たるや!)

 

昨日もさんざんサウシードッグの石原さんの声がエモイ、エモいって騒いでたんだけど(苦笑)、岸田さんも抜群にエモい。まさに円熟味のあるエモさ。イヤホンで聴くと耳が歓喜に沸いてる。あ~~、コレコレ!待ってました~!って(笑)

 

新しい曲はほとんど知らなくて、でもそれでも十二分に楽しめたんだけど、やっぱりラストの「ロックンロール」には泣けた。唯一知ってる曲だったっていうのもあるけど、コメント欄ではフジファブリックの志村さんの追悼まで始まっちゃうし、なんかいろんな感情が大渋滞して感極まってしまったよ。。

 

「ロックンロール」は、サビよりも序盤のほうが好き、という稀有な曲。そしていつ聴いても、その詞の奥深さのあまり、脳内がザワザワと騒がしくなる。

 

これから音楽業界も、さらにいろんな変化が起きてくるとは思うけど、変化を厭わないくるりのこと。きっと斬新かつユニークな創造力で、ファンを”驚かせ、楽しませ続けてくれるに違いない。

ノスタルジアを感じさせてくれるようなラインナップ♪

他の音楽に関する記事はこちら!