YouTubeあれこれ

YouTubeの映像をもとに勝手気ままに語っています。最近は中国ドラマにドハマり中♪

ONE OK ROCK 2017 “Ambitions” JAPAN TOUR Takaのあふれんばかりの熱量をオンラインでも体感

アーカイブが残らないから、夫の夕食の支度をしながらワイヤレスヘッドホンで音だけで鑑賞してる(涙)ワイヤレス、ありがと~~~!!おかげでキッチンに居ながら、動きながら、音が聞けるよ~~!
ONE OK ROCK 2017 “Ambitions” JAPAN TOUR※↓ライブ映像は削除されたため、別の動画を貼りました。


ONE OK ROCK - Taking Off [Official Video from Nagisaen]

 

ワンオクのライブ。何年か前チケットを取ろうとしたこともあったけど、2デイズで両方ダメだった(涙)だから、これから先も、きっとライブに参加するのは非常に厳しいと思うんだよね…。

 

だけど、不幸中の幸いで、こうして複数回、ワンオクのライブをオンラインとはいえ視聴でき、本当に本当にありがたい限り。(感動)

 

でもやっぱ、できればいつか会場で、拳をあげて大合唱したいよう~~!たぶんオバサンだからかなり浮くとは思うけれど、体力も持たないかもしれないけど、それでも!ワンオクのライブはぜひとも死ぬまでに一度は体感したい。心からそう思わせてくれるライブ映像だった。

 

…しかし大好きな曲のひとつ「We are」が、18歳の若者たちにむけて作られた曲とは知らなかった。ワンオクのメンバーだって十分に若いのに、次世代の人たちのことを想って曲を作れることが尊い。次世代つぶしするような人生の先輩たちも少なからずいるというのにね。

 

そんなエピソードを聞いちゃったもんだから、今回の「We are」は格別だった。ボーカル・Takaさんの声量は後半でも全く衰えない!あれだけ全身をつかってアクションをしながら、よくぞあれほど歌い上げられるよなあ!もう圧巻すぎて言葉も出ない。

 

あと、なんとなーーく薄っすらと感じてはいたけれど、Takaさんやっぱり、とにかく全編にわたって非常にアツい。観客への煽りといい、少し長めのMC(語り)といい、ライブアクトといい、とにかくアツい。でもこの希少性のある暑苦しいほどの情熱(褒めてます)こそが、ワンオクの魅力の大きな要因であることは間違いない。

 

約2時間のライブ映像も本当にあっという間だった。それくらい彼らのライブはいっときも観客を飽きさせない、パワーと壮大さに満ち溢れた素晴らしいものだった。ー5月23日23時からの次回のライブ配信も楽しみだなあ!!!(待ちきれん)

↑個人的には「Taking Off」が一番良かったかな~。

他のライブ・音楽についての記事はこちら!