YouTubeあれこれ

YouTubeの映像をもとに勝手気ままに語っています。最近は中国ドラマにドハマり中♪

⑩梨央も記憶障害だとしたら、いろいろと辻褄が合う??→優の意味深モノローグにも納得。


www.youtube.com

第6話から一夜明け、少し冷静になって振り返ってみると、、今回の”ヨーグルトぶちまけ放置”で、”梨央も記憶障害説”がかなり濃厚になったんじゃないかなあ、、という思いがじわじわと強まってきた。

 

んで、仮に梨央が記憶障害だとシュミレーションしてみると、、意外といろんなことに整合性が取れて来てしまうんだな、コレが!…なので、悲しいけど、梨央も実は記憶障害だった、という前提で、過去の事件を振り返ってみたい。

 

・梨央の記憶障害が発症したのは、15年前の渡辺康介のレイプ未遂事件がきっかけ。

 

・事件当日、父・達雄の帰宅後、優と達雄の叫び声により、実は梨央は目を覚ましていた。

 

・梨央は「私が殺した??」とひどく動揺。その様子から達雄は梨央が康介を殺したと誤解。死体遺棄を思いつき娘を庇おうと決意。梨央に優と一緒に家に帰るよう強く指示。梨央は優とともに帰り、着替えて休む。(第6話同様、ショックと疲労でコテンと眠ってしまう)

 

死体遺棄のみなら達雄さんひとりでも可能??

※梨央の衣服が納屋に置いてあったのは、梨央が事件当日脱いで自分で隠した??

 

・翌朝、帰宅した達雄は梨央が記憶を失くしていることに驚く→梨央も優と同じ病気なのでは?と初めて気づく。しかし念のため、娘の記憶が戻った場合を想定し、自供動画を作成する。

 

…と、こんな感じ。

 

あとね、、優のモノローグの最後の言葉も地味にひっかかっていたんだけど、その点も合点がいくんだよなあ。。”大人になった姉はもう夢に出てこない”っていうくだり。あれは、優がのちに、頼りにしていた姉も実は自分と同じ病気を抱えていたってことを知るからなのかなあ、と。「姉ちゃんが覚えているからだいじょうぶ」とは、もう言えないっていう、、ね、、。

 

梨央の記憶障害はおそらくどこかのタイミングで、梓も加瀬さんも知っていて、だからこそ、梨央を刺激しないよう、彼女の最愛の優を手厚く面倒見てるっていう側面もあるんじゃないかな。

 

でも、大ちゃんはまだ知らない。だって大ちゃんは、梨央の過去の記憶違いに、いちいちツッコミ入れちゃってたもん。上京したら何する?っていう例のやりとりで。

 

だけどさ、加瀬さんはぶちまけたヨーグルトの放置を、何も言わずに受け止めてたもんね。たぶん、あれで、”ああ、また症状が出てる!”と瞬時に察知したはず。

 

となるとさ、今回のあのパフェのかわいいお店だって、本当は以前梨央と行ったことのある店なのかもね。例えば優が失踪してしまったとき、とか。同じくショック状態の梨央を落ち着かせるために使ったお店なのだけど、当の梨央は全く覚えていないっていう、、ね。

 

…というわけで、梨央が記憶障害っていう線は、悲しいけどほぼ確なんじゃないかと個人的には思ってる。んで、梨央自身がそして優が、その事実を知るのはおそらく新薬の治験の過程なんじゃないかなあ~?

↑サントラは12月8日発売予定♪

↑Blu-rayBOXは2022年4月8日発売予定♪

他の「最愛」についての感想&考察はこちら!