YouTubeあれこれ

YouTubeの映像をもとに勝手気ままに語っています。最近は中国ドラマに夢中♪

silent ④ ハチクロ・オマージュなら春尾先生エンドもあり!?親友と同じ人を好きになったその先は??


www.youtube.com

うわああ、、、今回は意外性ゼロだったわ。。。残念ながら予想通りのラスト。湊斗くんはきっと自滅しちゃうんだろうなあ、、って思ってたから、ホント、そのまんまになってしまった。でもさ、やっぱ現実になると辛いね…(涙)

 

だけどさ、彼の性格上そうならざるを得ないのよ。親友が突如病気を抱え、周囲との関係を断絶し、最愛の彼女さえも手放してして、たったひとり病と向き合ってきたのかと思うと、もう紬と気持ちよく関係を続けられるわけないもん。

 

で、それは想くんも同じ。湊斗くんが別れを決断したからといって、じゃあ僕がまた復縁しまーす!なんてことは絶対にできない(苦笑)自責の念にかられるだけだと思う。

 

はあ~~~~~~~、紬ちゃんも想くんもお互いの未練を隠し切れなかったのよなあ~~~。そして繊細な湊斗くんはそれをしっかりと感知してしまった。だからこその苦渋の決断。もし仮にどちらかが完全に吹っ切れてたとしたら、別れを切り出すことはなかったんじゃないかな。

 

でもさ、こんな形でお膳立てされたところで、ふたりがすんなり元に戻るとも思えず。これさ、ヘタしたら、まさかの春尾先生エンドもあるんじゃね!?ってふっと思ってしまったわ☆なんせ、ハチクロ・オマージュだし。たしかハチクロもそういうオチだったよね??はぐちゃんは竹本くんも森田くんも選ばなかった。

 

この先手話を頑張って取得したら、紬ちゃんは春尾先生と同じく”手話のできる聴者”にカテゴライズされ、さらには”音のない世界の恋人と破局した経験”という共通の傷を持つ仲間になる。だからそういう意味でも可能性はゼロじゃない。

 

いや、でも!でも!だよ!!
春尾先生ラストだと、カテゴライズされたコミュニティが分断されたまま終わってしまう。それって絶望的じゃない?できればさ、この物語では、せめて紬ちゃんと想くんには、愛の力で分断を乗り越えて欲しいのよ。そしてほんの少しでも、ファンタジーだとしても、希望を見せて欲しいの~~~~!!!(切実)

 

音のない世界と音のある世界の住人が、手を取り合って生きていける桃源郷を、ラストに見られると信じて。やっぱ個人的には想くんエンドでお願いしたいなあ~~~~。だけどふたりの障害はそれだけじゃなくて、湊斗くんの存在もあるからねえ、、、。うう、、全く展開が読めないわ💧

第5話の感想はこちら!

↑待望のBlu-rayBOXは2023年8月25日発売予定🎵

↑待望のシナリオブックは2022年12月24日発売予定🎵