YouTubeあれこれ

YouTubeの映像をもとに勝手気ままに語っています。最近は中国ドラマにドハマり中♪

コロナショックを機に、緊急に日本で浸透して欲しいこと5つ

大河内薫さんの渾身の提唱、「コロナを大義名分にして日本と僕らができること」。もうね、賛同しかなかった!!こうした未曽有の出来事がおこってしまった今だからこそ、日本が革新的に社会のシステムを変える、千載一遇のチャンスなんだと私も思う。


コロナを大義名分にして日本と僕らができること【テレワーク・ネット投票・リモート教育・副業解禁】

大河内さんは、上記にも記載してあるように、日本社会に、

・テレワーク(オンライン会議)

・オンライン投票

・リモート教育

・副業解禁

 の4点をいち早く浸透させることを、この動画で強く推奨している。

 

私は上記の4点にも、当然大賛成なんだけれど、さらにそこにもう2点ほど加えたい項目がある。それは、

・オンライン診療

・仕事絡みの宴会・接待文化の廃止

 の2点。

 

まずは、オンライン診療。
私を含め、持病持ちで緊急性はないものの、経過観察として月1で薬をもらうための外来を受けている患者さんって、けっこうな数がいると思う。なのでこうした”投薬でなんとかなる患者さんは、積極的にオンライン診療にシフトしていくべきだと思う。

 

そうすることで、医療崩壊のリスクや感染拡大のリスクが確実に防げるし、救える命が救える状況に近づくし、何より医療従事者の負担も大きく軽減されるのではないだろうか。

 

そして、宴会・接待文化の廃止。
これは飲食店をはじめとする水商売のかたたちにとっては、あまり良くないことなのかもしれないけれど、そもそも、酒や女の人絡みでなければ、ビジネスの話がまとまらないこと自体がおかしい。

 

そして、宴会や接待文化がなくなれば、仕事をしている男性(もしくは女性)の帰宅時間が大幅に早くなり、より家事育児にさける時間が増え、家庭の運営状況が大きく改善されるんじゃないかな。なんせ長時間労働が、少子化の要因のひとつになっていることは間違いないのだから。

 

…と大河内氏の提言に加え、持論も展開させていただいたのだけれど、これら5つの項目が急速に実現すれば、日本の社会の状況は飛躍的に良くなるように思う。

 

なので、どうか、どうか、既得権益を重視してる偉い方々、人命がかかっているこの時期に、すみやかに英断してくださると本当にありがたい。その判断が、高齢者をはじめ自らの命を守る選択にもなり得るのだから。。。

↑コロナを契機に、日本社会のシステムがより良い方向に変わりますように。