YouTubeあれこれ

YouTubeの映像をもとに勝手気ままに語っています。最近は中国ドラマにドハマり中♪

GRAPEVINE “『IN A LIFETIME』特別編” 田中さんの声質の変化が素敵すぎた

うう、、もう感動で言葉も出ない。21年前「Lifetime」のCD購入したもん!「白日」以来、もうバインの虜だったもん!!(白日はキングヌーよりも断然バイン派)嬉しすぎて、懐かしすぎて、キュン死しそうだよう~!


GRAPEVINE - 光について (J-WAVE/Hello World Official Studio Live)※ライブのアーカイブは残っていないので違う動画です。こちらも神映像!!

 

…しかしあれからもう21年!!(人ひとり成人してるやん!驚)も経つんだねえ。。なんかしんみりしてしまうわ。でも、この21年で明らかにバインは粛々と進化し続けてるのが凄い。

 

だって、あの若い頃、若干きゃんきゃん?して不安定な(それはそれで魅力的だったけど)田中さんの声の変貌ぶりときたら!!今ではすっかり渋くて太くて温かい、安定した‘’大人‘’な声になっている。ものすごーい安心感と包容力。

 

なので、なんていうか、やっと曲に声質が追いついたっていう印象。今の田中さんの声でこそ、21年前の楽曲がより映えるし、しっくりくる。正直バインの曲はどれも老成してたからねえ~(苦笑)20代前半で作れる曲じゃないって!

 

んで、なんでこんな詞が書けるんだろう??って若い頃ずーっと思ってたんだけど、ある日ロッキンオンジャパンを読んで納得。田中さんの人生ってなかなかの波乱万丈なんだよね、、。そうした複雑すぎる人生経験と豊富な読書量で、田中さんの能力は研ぎ澄まされていったんだろうねえ。。

 

それにしても、チャット欄を目で追うにつけ、もしかしたら同年代が多いんじゃね?とちょっと嬉しくなってしまった。しかも約7千人!ものバインファンの方々とネット上で一緒に視聴してるなんてー。21年前には考えられなかったことだ。

 

しかもラストのほうで、アニキこと西川さん作の「望みの彼方」が流れ始めると、誰かが”葬式ソングにしたい”とかつぶやき始めたりして(苦笑)。そうだよね、、50代目前になり、社会がこういう状態だと尚更、死について想わない日はないよなあ~。

 

自分は葬式は要らない、直葬派なので、バインの曲を葬式ソングにする予定はないんだけれど(苦笑)、バインのような同世代のバンドが、これからも息長く活躍していって、そして願わくば自分よりも、うーーんと長生きして欲しい!!!

 

どうか、いつまでもいつまでもカッコいいバインのままでいて。同年代の誇り。もう素敵すぎて今夜は眠れそうもないわ~(苦笑)

↑個人的には前のアルバム「退屈の花」のほうが好きな曲は多いけど、21年たっても色あせない名盤です。