YouTubeあれこれ

YouTubeの映像をもとに勝手気ままに語っています。最近は中国ドラマに夢中♪

リコカツ③ 恋敵要因は要らなくね???サイコパス女性隊員が怖すぎるよ…

う~~~~ん、、リコカツ、春ドラマ暫定ナンバーワン!!だったんだけど、、。この流れだとちょっと個人的にはキツいなあ、、。なんていうか、ハッキリ言って、元カレはギリ許せるけど、女性隊員とか恋愛小説家ってこのドラマには全く必要ないと思う。


www.youtube.com

離婚っていろーーーーんな要因があると思うんだけど、このドラマでは、不倫、とか恋愛沙汰を要因にして欲しくないんだよなあ~~~。だって不倫ものなんて、今までにいーーーっぱいあったし、もうおなかいっぱいなんだもん(苦笑)

 

なので、このドラマではコミカルに描きつつも、価値観の違い、生活習慣の違い、お互いの仕事について、さらには熟年夫婦の危機、等々、不倫以外の夫婦間の細やかなすれ違いを丁寧に掘り下げていって欲しかった。地味だけどこのテーマ、ネタには事欠かないんじゃない??

 

エンタメなんで、いろんな盛り上がりを作っていかなくちゃいけないのはわかる。だけどさ、不倫にまで広げなくたって充分広がったと思うんだよね。。。ほんとーーーに残念。しかもさ、あの女性隊員がまだいい子ならいいんだけど、フツーにサイコパスで怖すぎる。あんな描き方してたら、実在する女性隊員のイメージダウンになりやしないか、心配になるレベルだよ。

 

森の中に人(ヒロイン・咲ちゃん)を置き去りにしたり、招かれた家の寝室に勝手に入ったり。モラルが著しく欠けすぎてて、見てて不愉快でしかない。新登場した恋愛小説家、とやらも、今のところ高慢ちきなワガママ男でしかないし(苦笑)はあ~~~、期待してたのに、なんかイヤな方向へ舵を切り始めてしまったのがツラい。

 

ま、まあ、蛇足要因はありつつも、なんだかんだで主人公の紘一&咲ちゃんは魅力的だし、これからもふたりの行く末は見守り続けると思うけど、このままだとちょっと内容的には失速かなあ。。。

 

あと個人的に注目してるのは、やっぱ、緒原ママの薫さん。
家出をし、「薫さん」と名前で呼ばれ、自分の労働に対してきちんとお給料が発生する世界で得た充実感は、計り知れない。

 

だってさ、家事労働って、評価も報酬もない労働だもん。しかも配偶者の行動様式によって、その労働が重労働にも軽労働にもなる。んで、あの緒原パパであれば、間違いなくブラック家事労働。相当キツかったと想像できる。

 

だから接客業なんて、お手のものじゃないかなあ?おんなじ”人のお世話をする”仕事でも、”他人”相手であれば、評価や賃金がついてくる。あの偏屈オヤジの世話を長年してたくらいだから、薫さんはきっと良く気の付くいい仲居さんになれるだろう。

 

家事労働だと、大掃除手当もなければ、残業手当もないけれど、良い職場ならそれなりに真面目に勤めれば、何かしらのお手当も付いてくる。薫さんは一生懸命主婦業をされてきたようなので、市場価値は実はそこそこ高いんじゃないかな?なので稼ごうと思えばそれなりに稼げる人なのかもしれない。

 

とにもかくにも、女性隊員の奇行には目をつぶりつつ、引き続きそれぞれのリコカツの過程を見守っていこうと思います。。。

↑このドラマは現在アマプラでも見ることができます!